CONCEPT 1

暮らしを豊かに

生産者との繋がりをつくりたい ー 。

その思いの奥には、コーヒー農家に対するオーナーの想いがあります。


コーヒー農家の暮らしがより良くなるように。
飲んでいるコーヒーが、どんな所で、どんな人たちによって作られているのかを知るとコーヒーを大事にすることになる。

それはコーヒー農家にもきっとプラスになる。


それぞれの暮らしが豊かになるように。
そんな願いを常に持ちながらこの仕事を続けています。

20190224_エチオピアンコーヒー_064.jpg

CONCEPT 2

豊かな体験を提供

エチオピアには、コーヒーセレモニーという伝統的な作法でお客様をおもてなしする文化があります。

乳香をたき、生豆を煎るところからはじめて、淹れたてのコーヒーを飲んで頂きます。

 

体験会を通し、セレモニーと並行しながら、エチオピアの歴史や文化についてもお話します。

 

加えて、本当に良いものを作る生産者が報われるよう、味や香りだけでなく、どんな人がどんな想いで届けているのかをお伝えしています。

「美味しいコーヒーをありがとう」

頂く時に生産者を想う気持ちが生まれると嬉しいです。心も豊かになる体験。コーヒーを通してお届けします。

ABOUT Ethiopian Coffee House

エチオピアといえば、コーヒー発祥の地。

アラビカ種コーヒーの起源、コーヒーの木が自生している自然林の深い森の中にコーヒー農園は点在します。昔と変わらずにハンドピックで収穫をおこなっているのがほとんど。

産地や生産者についての情報がより明確になり、追跡ができるようになったのはつい最近のこと。ひと昔前は、産地の区画も不透明で一括りに「モカ」という名前で出荷されていました。労力をかけておこなわれるコーヒー豆の生産過程に対して公正な対価は支払われるべきですが、大量生産がはじまっても農家の暮らしは向上せず、日本では驚くほどの安値で売られていました。

コーヒーはどれも同じではないことを知ってほしい、コーヒー農家の暮らしが豊かになるようにと、単一農家より生豆の仕入れをはじめました。
エチオピア出身のオーナーが、現地農家より直輸入した最高品質のコーヒー豆をお届けするコーヒーブランドです。

Visit Us

OWNER BIOGRAPHY

Dawit Girma(ダウィット ギルマ)

1979年 エチオピア バレ・ゴバに生まれる

2008年 駐日エチオピア大使館の依頼にて来日

2015年 コーヒービジネスを始動(個人輸入・卸業)

2017年 エチオピアコーヒー豆販売専門店 Ethiopian Coffee House を開業

2018年 エチオピアに輸出会社 Temerachi Coffee Export を設立

2019年 輸入・卸業 Salam Store Trading合同会社を設立

2020年 拠点を渋谷に移し事業を展開

 

- Message -

私はエチオピア南部のバレ・ゴバの田舎で生まれました。

子どもの頃から、地元のコーヒー農家が大量のコーヒーを生産している様子を側で見ていた経験がありましたが、長い間公正な市場を獲得することはできませんでした。 彼らの生活レベルは今も低いままです。

コーヒー農家の市場機会をつなぐという夢を長らく持っていました。

今、私は地元の農家から単一農園のコーヒー豆を公正な対価をもって直接買取り、お客様のもとへ提供できることを誇りに思っています。

Profile photo Dave.JPG

OWNER BIOGRAPHY

Dawit Girma(ダウィット ギルマ)

1979年 エチオピア バレ・ゴバに生まれる

2008年 駐日エチオピア大使館の依頼にて来日

2015年 コーヒービジネスを始動(個人輸入・卸業)

2017年 エチオピアコーヒー豆販売専門店 Ethiopian Coffee House を開業

2018年 エチオピアに輸出会社 Temerachi Coffee Export を設立

2019年 法人 Salam Store Trading合同会社を設立

2020年 拠点を渋谷に移し事業を展開

2021年 浅草に Coffee Lab. and Testing room をオープン

2021年 イルガチェフェに自社農園を購入

- Message -

私はエチオピア南部のバレ・ゴバの田舎で生まれました。

子どもの頃から、地元のコーヒー農家が大量のコーヒーを生産している様子を側で見ていた経験がありましたが、長い間公正な市場を獲得することはできませんでした。 彼らの生活レベルは今も低いままです。

コーヒー農家の市場機会をつなぐという夢を長らく持っていました。

今、私は地元の農家から単一農園のコーヒー豆を公正な対価をもって直接買取り、お客様のもとへ提供できることを誇りに思っています。

Profile photo Dave.JPG
Guji_60kgBags.jpg

COMPANY OVERVIEW

会社名: Selam Store Trading合同会社(サラムストアトレーディング)

創業 : 20159月 

設立 : 20197

代表者: ダウィット・ギルマ

所在地: 東京都台東区浅草4-32-4 1F

資本金: 620万円

事業内容:コーヒー生豆の輸入・卸売、セミナー開催

 

ーーーーー

会社名: Temerachi Coffee Export P.L.C

創業 : 20188月 

代表者: ダウィット・ギルマ

所在地: Kirkos Sub City Woreda 05 Bulgaria Mazoriya House  

                    No.459/7 Addis Ababa Ethiopia  

資本金: 2,000,000 Birr550万円)

事業内容:コーヒー生豆の輸出 

Webサイトhttps://www.temerachicoffeeexport.com/

INTRODUCTION

エチオピア出身のオーナー、ダウィットが最高品質のみのコーヒー豆を現地農家より直輸入。農家からカップ1杯までを自社で提供するFarm to Cupを重視。現地の生産者と消費者を繋げながら、コーヒーを通して豊な体験を提供します。

EXPORT

Temerachi Coffee Export 

(テメラチコーヒーエクスポート)

「テメラチ」とは現地の言葉(アムハラ語)で「your choice (選択)」という意味です。

「わたし」がもしくは「あなた」が選んだものを届けることをコンセプトにしています。毎年買付けのため現地まで足を運ぶ際に、我々と一緒に農園へ訪れる機会も提供しております(コーヒーツアー)。

コーヒー生産と輸出について経験豊富な専門スタッフが常駐しており、アディスアベバにコーヒーラボラトリーがあります。

輸出会社のスタッフが農園からジブチ港までのすべてのプロセスをマネージメントします。特に、ドライミル後からコンテナに積み込むまではスピーディーに、生豆に負担がかからないようスムーズに運び込むことを心がけています。

​品質、保管、輸送、財務フローにおいて妥協のない仕事に皆コミットしています。

IMPORT and WHOLESALE

Selam Store Trading合同会社​

(サラムストアトレーディング合同会社)

「サラーム (Salam)」とはアムハラ語の挨拶です。

「平和」という意味があります。

港に着いた生豆は通関後に港湾倉庫へ保管(温度15℃・湿度60%以下の定温倉庫)します。

サンプルカッピングの場をご用意させて頂き、高品質な生豆をリーズナブルな価格にてご提供します。

生産者についてのストーリーや産地情報の提供を通し、店舗内での共有及び販促、エンドユーザーさまへ届けるためのお手伝いもいたします。

AfricanBed with Dave.JPG